転職の際の看護技術

今看護師の話題と言えば「人手不足」「離職者の高さ」がよく取り上げられるように、現在多くの現場で看護師の不足が問題になっています。その原因としては仕事自体のきつさや人間関係のトラブルがあります。特に都市部では仕事がきつすぎたり人間関係で揉めてしまうと他にも働き口はいくらでもあるので比較的容易に退職・転職をしてしまいます。また、地方ではより条件の良い職場を求めて看護師が都会へ流れてしまうという現象も起きています。
そもそも人の世話をする「看護」は肉体的だけでなく精神的にも大変負担のある仕事です。病棟では24時間365日仕事があり、急変などで緊急に動くこともあれば、患者からのクレームも発生します。反面、大変やりがいのある仕事でもありますが、家庭を持っていたり子供を育てながら続けるには少し難しいのも確かです。そのため、結婚や出産を機に退職する看護師が多く、看護師の資格を持っているのに働いていない「潜在看護師」も相当な数いると言われています。この埋もれている「潜在看護師」を発掘することで人手不足の解消につなげようと、各地で復職支援のためのセミナーや講習会も行われていて、各病院でも短時間勤務を取り入れるなどして家族のいる看護師でも働きやすい環境づくりを始めています。
しかし、ここで問題になってくるのが各々の持つ看護技術です。看護師の経験者と言っても、勤めていた場所によって身についた看護技術は様々です。転職や復職で以前とは違う職場に入れば自分が身につけてきた技術がほとんど通用しない可能性があります。さらに、一旦退職してブランクがあるとその間に看護の方法が変わってきてしまいます。そのため、看護師としてまた働きたいという気持ちはあっても自分がついていけるか分からないという不安から二の足を踏んでしまう人も少なくありません。特に、新人が看護師の経験者であれば当然周りからはそれなりに期待されてしまいます。忙しい職場では一日も早く戦力になってほしいものなのでそのプレッシャーも大きいでしょう。新人の方も基本的な事は聞きづらく、ある程度予習や自己研鑽も必要になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>